KROSS×OVER 2.24 埼玉県県民活動総合センター:初代ヘビー級キック王座決定戦に功成と坂本英則が進出

KROSS×OVER 5
2019年2月24日(日) 埼玉県県民活動総合センター

記事提供:KROSS×OVER実行委員会(代表:坂本光広)

 KROSS×OVER初代ヘビー級キック王座決定トーナメント第一試合では、総合格闘技も出場する48歳のベテランファイター“格闘技のレジェンド”瀧川に功成が挑み、功成が新人らしかぬパワーを生かし主導権を握り続け、3R遂にパンチでKOし、決勝に進出した。
 反対ブロックでは、極真空手世界大会4位の実績が有り、必殺の下段廻し蹴りで6戦6勝6KOを誇る中平卓見とJ-NETWORKを中心に様々な団体で戦績を重ねる坂本英則が対戦。中平の偶発的なローブローに苦しめられた坂本だが、3Rパンチでダウンを2回奪い決勝進出し、7/7(日)同会場にて坂本英則と初代ヘビー級のベルトを争うこととなった。

 他、KROSS×OVER初参戦のMMAストライカー新井丈対キック経験も長いサイモン・シェとの打撃戦が注目されたが、打ち合いの中、何とスリーパーホールドで新井が勝利。歓喜の雄叫びを上げた。

 毎回ハイレベルのジュニアキック部門ではKROSS×OVER選抜vs横浜の名門ジム・エイワスポーツジムでジュニアキック対抗戦が開かれた(左下写真は開会式)。注目された現ラジャナムダンスタジアム認定ミニフライ級王者の名高・エイワスポーツジムを義兄に持つ、ジュニアキック20冠王の吉成士門に松本吏亜夢(ZERO)が挑んだ中学二年生同士の副将戦。一進一退のハイレベルな攻防が繰り広げられたが、松本が165cmの長身を活かし、吉成士門を破る大金星を上げた。対抗戦は3対2でKROSS×OVER選抜が勝利し、他ジュニアキックスーパーファイトでもハイレベルな試合が繰り広げられた。

■アマチュア
・第1試合 ジュニアキック 1分30秒2R
×小林 樹(リバーサルジム久喜WINGS)
〇藤巻 心(E.D.O道場)
判定 0-3

・第2試合 ジュニアキック 1分30秒2R
×鈴木 晴人(リバーサルジム久喜WINGS)
〇中島 大河(GET OVER)
1R1分12秒 TKO

・第3試合 アマ女子MMA FIGHT 5分1R
×林 裕子(リバーサルジム久喜WINGS)
〇堀口 由梨華(クールチャンプ)
判定 0-3

・第4試合 アマMMA -65kg FIGHT 5分1R
〇猪鼻 優輝(OOTA DOJO)
×村上 正(TEAM RJ)
1R1分12秒 TKO

・第5試合 アマKICK 女子 -45kg FIGHT 2分2R
〇深田 愛子(FREEDOM@OZ)
×木田 真弓(KSJ GYM)
1R1分22秒 TKO

・第6試合 アマKICK 女子 -50kg FIGHT 2分2R
×田中 吏音(OOTA DOJO)
〇加藤 はずき(TEAM Aimhigh)
1R1分0秒 TKO

・第7試合 アマKICK -65kg FIGHT 2分2R
〇田村 満(リバーサルジム久喜WINGS)
×カマキリデーモン博之(チームフォレスト)
1R52秒 TKO

・第8試合 アマKICK -65kg FIGHT 2分2R
〇杉山 鎮夫(リバーサルジム久喜WINGS)
×阿部 俊明(KAZUムエタイジム)
2R1分13秒 TKO
※1R阿部1ダウン

・第9試合 アマMMA -70kg FIGHT 5分1R
×山市 雄太(K-STYLE)
〇日比野 純也(ISHITSUNA MMA)
1R1分13秒 TKO

・第10試合 アマMMA -58kg FIGHT 5分1R
〇仲内 和輝(WIZARD MMA GYM)
×手島 大輔(steady)
1R1分38秒 スリーパホールド

・第11試合 アマKICK -67kg FIGHT 2分2R
×抹殺徒(翔拳道)
〇畠中 健太(steady)
1R1分56秒 TKO

・第12試合 アマKICK -73kg FIGHT 2分2R
〇柴 駿斗(リバーサルジム久喜WINGS)
×梅沢 礼(北眞舘)
判定 3-0
※2R梅沢1ダウン

・第13試合 アマKICK -73kg FIGHT 2分2R
〇木村 正吾(リバーサルジム久喜WINGS)
×田中 王兄皇子(翔拳道)
1R42秒 TKO

・第14試合 アマKICK -73kg FIGHT 2分2R
×秋成 俊博(OOTA DOJO)
〇TOSHIKI(Team R)
判定 0-2

・第15試合 アマMMA -62kg FIGHT 5分1R
×長妻 翼(TEAM OJ)
〇知久 佳達(steady)
1R1分2秒 スリーパーホールド

・第16試合 アマKICK -65kg FIGHT 2分2R
×田口 蓮(BLACK DIAMOND)
〇猪鼻 優輝(OOTA DOJO)
1R56秒 TKO

・第17試合 アマKICK -67kg FIGHT 2分2R
〇リョウ・サカザキ(BLACK DIAMOND)
×関口 尚吾(KAZUムエタイジム)
判定 2-0

・第18試合 アマKICK -58kg FIGHT 2分2R
〇ダンナー(リバーサルジム久喜WINGS)
×清水 広野(クールチャンプ)
1R1分7秒 TKO

・第19試合 アマKICK -65kg FIGHT 2分2R
〇高木 一貴(BRAVE)
×田村 秋広(TEAM Aimhigh)
判定 3-0

・第20試合 ジュニアキックスーパーファイト 2分2R
×澤木 泰雅(ZERO)
〇永井 翔馬(ウィラサクレック西川口/NJKF explosion-28kg級王者)
判定 0-3
※2R澤木1ダウン

・第21試合 ジュニアキックスーパーファイト 2分2R
×澤木 徹平(ZERO/NJKF explosion-34kg級王者)
〇永井 龍馬(ウィラサクレック西川口/現NJKF explosion-37kg級王者含むジュニアキック6冠王)
判定 0-3

・第22試合 ジュニアキックスーパーファイト 2分2R
〇櫻井 大愛(ZERO/NJKF explosion-50kg級含むジュニアキック2冠王)
×鈴木 愛来(StrikingGymAres)
判定 3-0

■プロフェッショナル
◆オープニングファイト
いじめ撲滅~KROSS×OVER選抜vs“ハマの最強ムエタイ軍団”エイワスポーツジム対抗戦~
先鋒戦 -31kg FIGHT 2分2R
〇曽我 昂史(NCM/鍛錬会/WBCムエタイ全国大会3連覇含むジュニアキック28冠王)
×本間 陸斗(エイワスポーツジム/Bigbang-31kg級王者含むジュニアキック2冠王)
判定 3-0(梅田20-19 鶴和20-18 小池20-19)

次鋒戦 -36kg FIGHT 2分2R
×鈴木 瑠星(StrikingGymAres/SB全日本ジュニア-25、-30、-35kg級3階級制覇王者)
〇関 真優(エイワスポーツジム/現WMC-35kg級王者含むジュニアキック2冠王)
判定 0-3(梅田19-20 鶴和19-20 小池19-20)

中堅戦 -41kg FIGHT 2分2R
〇中島隆徳(GET OVER/現BRIDGE-40kg級王者含むジュニアキック3冠王)
×甲斐 駿斗(エイワスポーツジム/現WPMF-40kg級王者含むジュニアキック2冠王)
判定 2-0(梅田19-19 鶴和20-19 小池20-19)

副将戦 -42kg FIGHT 2分2R
〇松本 吏亜夢(ZERO/現NJKF explosion-45kg級王者含むジュニアキック2冠王)
×吉成 士門(エイワスポーツジム/ジュニアキック20冠王)
判定 3-0(梅田20-19 鶴和20-19 小池20-19)

大将戦 -48kg FIGHT 2分2R
×櫻井 大愛(ZERO/NJKF explosion-50kg級含むジュニアキック2冠王)
〇瀬戸 響貴(エイワスポーツジムWMC-40kg級王者含むジュニアキック2冠王)
判定 0-3(梅田18-20 鶴和18-20 小池18-20)
※2R櫻井1ダウン

・第1試合 MMA -61.2kg FIGHT 3分2R
×山崎 宏(リバーサルジム東京スタンドアウト)
〇新井 拓巳(ストライプル新百合ヶ丘)
判定0-3(太田17-20 鶴和18-20 小池18-20)

・第2試合 MMA -73kg FIGHT 3分2R
△中野 謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)
△藤本 新(MOB BuRGLAR)
判定0-1(太田19-19 鶴和18-20 小池19-19)

・第3試合 MMA -61.2kg FIGHT 3分2R
〇根本 和季(フリー)
×栗原 秀和(クールチャンプ)
1R2分8秒 TKO

・第4試合 KICK -73kg FIGHT 3分2R
〇倉岡 海斗(北眞舘)
×大谷 真弘(クールチャンプ)
1R1分36秒 TKO

・第5試合 PRO-KICK -65kg FIGHT 3分3R
〇松岡 翔大(ISHITSUNA MMA)
×菊地 陽太(極真拳武会さいたま浦和支部)
1R1分4秒 TKO

・第6試合 PRO-KICK -63kg FIGHT 3分3R
〇我謝 真人(Y&K MMA ACADEMY)
×山口 勇(ストライフ)
2R2分54秒 TKO
※1R両者1ダウン

・第7試合 PRO-MMA -52.2kg FIGHT 5分2R ※ヒジ有り
×サイモン・シェ(アカデミア・アーザ)
〇新井 丈(キングダム立川コロッセオ)
1R4分57秒 スリーパーホールド

・セミファイナル(第8試合) KROSS×OVER認定 初代 HEAVY WEIGHT KICK Championship Tournament一回戦 3分3R(延長1R)
×瀧川 リョウ(RKS顕修塾/元MA日本クルーザー級王者、99年K-1 JAPAN3位)
〇功成(FREEDOM@OZ)
3R2分1秒 TKO
※功成が7/7トーナメント決勝戦に進出

・メインイベント(第9試合) KROSS×OVER認定 初代 HEAVY WEIGHT KICK Championship Tournament一回戦 3分3R(延長1R)
×中平 卓見(北眞舘/J-NETWORKライトヘビー級6位)
〇坂本 英則(修実館/J-NETWORKヘビー級2位)
判定 0-3(梅田27-30 鶴和26-30 小池27-30)
※3R中平2ダウン
※坂本が7/7トーナメント決勝戦に進出

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です